アサーティブ

2007年9月 5日 (水)

たった一言で…?

How happy about you?

クライアントさんや友人から

「ブログいつも見てるよ~♪」

と言っていただいて、

とてもルン♪ルン♪な今日この頃です。

たった一言で、

HAPPYなエネルギーが湧いてくるなんて、

言葉にはすごいパワーがある

つくづく感じます。

さて、

あなたは今のコミュニケーション方法に

満足してますか?

私は、満足出来ていないのです。だから、

もっと誠実な態度で意見・想いを伝えたいな…

相手も自分も幸せになるコミュニケーションしたいな…

もっと多くの人と良い関係を築いていきたいな…と

アサーティブトレーニングを勉強しています。

そんな中、以前書店で

たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力―年間277日「研修女王」が教える たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力―年間277日「研修女王」が教える

著者:大串 亜由美
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を目にしました。

“アサーティブ”という一言に心惹かれ

パラパラとめくってみた私。

確か、

具体的なやりとりが幾つも掲載されていました。

「なるほどね~、こう言えばいいのか~」

と思う反面、

「“アサーティブ”はテクニックじゃないだろう?!」<(`^´)>

「何でもかんでも、

相手が動けば良いってもんじゃないだろう?!」

「“アサーティブ”は相手も自分も尊重する姿勢のはずだ!!」

とちょっと反感をおぼえて、購入するのをやめました。

それから約半年たった今。

TOPBRAINあのベストセラー著者に聴く!

大串亜由美氏

「たったひと言で相手を動かすアサーティブ営業力」

という番組を見つけ、見てみました。

見終わっての感想は…

「大串さんっ、申し訳ありませんっ m(_ _)m

 大串さんは

 単に相手を操作するテクニックを

 伝えたいわけじゃなかったのですね。

 私の大きな勘違いでした。ごめんなさい。」

著者の大串さんはこの番組の中で

「“アサーティブ”の土台は

 相手も自分も尊重すること」 と

ハッキリ誠実におっしゃっています。

この動画、おっとっとっと

9月8日(土)までなのだ~。

とても参考になるから、是非見てみてね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月16日 (水)

楽しかったアサーティブトレーニング♪

楽しかったです~♪

相手も自分も幸せになるコミュニケーション

 アサーティブ☆トレーニング

たくさんの方にご参加いただき、

無事終了いたしました!

Img_0713 参加してくださった皆さん、

本当に素敵☆な時間を

ありがとうございました。

皆さん、本当に素敵☆な方ばかりでしたね。

講師の話に真摯に耳を傾け

数々のワークでは誠実に他の方と向き合い

優しく見守り、互いに励ましあい

対等な立場で率直に伝え合っておられました。

会場内がとても暖かい雰囲気に包まれ

終始、柔らかい表情、笑顔

瞳を輝かせ楽しく取り組んでいらっしゃる様子に

私はとても幸せを感じていました。

また、

Img_0717_1 NPO法人アサーティブジャパン

中野満智子トレーナーが

始まってすぐに参加者を和ませ

惹き付けていらっしゃるご様子にも

感嘆しました。

しかも、たった5時間の間に、

重要なポイントは全て押さえ、

かつ、理解しやすい言葉で進められていたのも、

流石です。

普段私は、

一人静かに潜在意識にアクセスし、

自分の心をみつめる作業のサポートをしていますが、

今回の講座のように、

様々な人から見た自分・考え・想いの

フィードバックを通して自分を振り返る作業も

私達が成長するためには必要と思っています。

そして今、

楽しく学ぶ”って良いなぁ…

学ぶって本来楽しくするものなんだ…

やはりアサーティブトレーニングは必要とされてるなぁ…

と感じています。

☆☆☆ご感想の一部です☆☆☆

 ◎自分の伝えたいことを的を絞って伝えていなかったこと(何度も指摘されました)
 ◎自分の考えが整理できないままに伝えて感情的になっていたこと。
 ◎伝えたいことを伝わるように伝えるということができていなかったこと。
 ◎相手を攻めるばかりで、自分が変わろうとしていない、変わりたくない気持ちが強いこと。こだわっていること。

気づきました。

本を読んでみて、わからなかったことが

実際にロールプレイで体を動かし、

喉をフル回転(ずっとしゃべってた気が・・)させることで、

実にわかりやすく、また、

ほかの方のロールプレイを自分だったらと

考えてみながら聞いていくと、

何回か繰り返すうちに、整理整頓されて、

うまく伝えられるようになるものだなと感じました。

それには、講師の、適切な質問がとても効果があり、

良かったと思います。

質問は大事だなと気づきました。

当日、相手になってくれたグループの皆さんに感謝です。

とても内容の濃い、行って良かったと思える講座でした。

一方的に話を聞いて終わりで、

聞いたことも忘れてしまうような講座が多い中、

すぐにでも実践で役立つ方法を得て、

私もさらに勉強したくなってきました。

☆☆☆

今回、参加できたことをとても感謝しています。

ロールプレイって何だろう?どうするのだろう?

自分に話をすることができるのだろうか…

いろんな不安もありました。

アサーティブトレーニング講座を受けて、

今までハッキリと伝えることをしていなかったこと、

断る「ノー」をもう少しハッキリ言って大丈夫なんだなと、

教えていただきました。

相手を侵害せず、人と比較せず、選択しながら、

これから楽しく出来ればと思います。

☆☆☆

相手を否定しない、そして自分も出せる方法を

教えてもらったと思います。

相手が気分がワルくなりそうだから言わないではなく、

改善策を出すことで、

より良い関係を作ることに重きをおいて

会話できるようなスキルなのでもっと知ってみたい、

もう少し時間をかけてやってみたい気がしました。

有効な時間をありがとうございました。

☆☆☆

アサーティブに相手に伝えるための準備段階で、

かなり自己分析ができるという点に大変驚きました。

☆☆☆

他人との交流が楽しいと思いました。

もっと勉強したいと思いました。

☆☆☆

12コの権利についてたくさん考えました。

失敗する権利、

人にどう思われるか気にしない権利

を聞いて安心しました。

ロールプレイはとても役に立ちました。

初めて会う人にだからこそ話せることもあったので

自分を見つめなおすきっかけになりました。

☆☆☆

一日楽しく過ごす事ができました。

伝え方一つで、

みんなが気持ちよく過ごす事ができるんだなぁと思いました。

☆☆☆

今まで物事を深く考えず話をしたり、

いやな思いをしても我慢していたりしていたことと、

少し考え方を変えるだけで気持ちが変わったり、

嬉しくさせる力が言葉にあることがわかりました。

なんとなく参加してしまったのですが、

すごく楽しい一日を過ごさせていただきました。

☆☆☆

人として当たり前の権利に気付きました。

たいへん楽しく過ごさせていただきました。

また参加したいと思いました。

☆☆☆

アサーティブトレーニングは知らなかったけれど、

きちんと学んでみるのも面白そうだと思いました。

☆☆☆

本番で上手く対応できるようになることは

もちろん大事ですが、

そこに至る過程を他のメンバーと考えることが出来たことで

自分に思いつかないアイデア気付きがあって

そのプロセスがほんと楽しかったです。

このような機会に出会えたことを感謝します。

☆☆☆

人間関係ということは生きることだと思います。

経験することでいろいろ変われることだと思います。

人とのかかわりは避けて通れないことだとは思いますが

話すことで解決できればと思います。

考え方も違うとは思いますが

押し付けでもなく、

押し付けられることでもなく

進んでいきたいです!!

☆☆☆

こんなに多くの方が来られているのにびっくりです。

「ノー」と言う事がストレスになるタイプなので

アサーティブにならない自分を選ぶ権利もあって

安心しました。

☆☆☆

自分自身のために、

代替提案や本当に自分が困っていることを

伝えることの大切さに気付きました。

ロールプレイングにて気付くこともある現実。

☆☆☆

感じたことを伝えることで

互いの理解が深まっていくことに気付きました。

楽しかったです。

自分を見直す機会になったと思います。

☆☆☆

「まず気付いたこと」

・相手との関係を 難しいものにしていたのは自分自身であったこと。

・相手も自分も 大切に出来る素晴らしさ

・相手の気持ちを考えてあげられてなかったし、否定ばかりしていました。
相手にだって、同様に 心があるし、伝えたい気持ちがあること。

・まず自分を大事にしていい、それが出来るから 相手も大事に出来る

「意見、感想」

満知子先生 素晴らしい方ですね。

さすが、プロ!あんなに力を抜いて 

楽しくセミナーが受けられたこと感謝しています!

アサーティブを受けてみて 

やはり学んだことを実践してこそ

自分のモノになることを実感しました。

私の一番のネックは、相手を従わそうとしていたことです。

これからの自分を、どう変えていくことで

相手との関係が 改善されていくのかが

チラホラと見えてきました。

実践していけば、人間関係に 怯えていた自分が

明るく 楽しく 笑って自由でいられる喜びを知りました。

アサーティブのセミナーを 設定してくれた美知さん

講師として来ていただいた 満知子先生

セミナーで 出会った皆さん ありがとうございました!

☆☆☆

先日は楽しい一日をありがとうございました。

また美知さんにお逢いできて

とてもうれしかったです。

そして勉強になったと同時に

「難しいなあ」というのも本音です。

もし、頑張ってアサーティブに伝えれたとしても、

相手が感情的になったらこちらも感情的になったり、

相手に屈してしまいそう・・

ああ、そうか!!だから自己信頼大切なんだ。

どんな人とでも、どんな時でも、どんな状況でも、

自分自身や自分の思いや考えを信頼していたら

感情的にならずに冷静に伝えれる・・

ような気が今、しました!!

自己肯定感ってほんとに大切なんだ。

逆にアサーティブに・・を心がけていたら、

先生もおっしゃっていたように

自己肯定感も高まっていきそうです。

なんだか、

内側から外側から自分に働きかけるということですね。

それからやっぱり、今までのパターンを変えるには

これは訓練が必要ですね。

人から、自分の思っていることを肯定されたり、

褒められるとなんだかぞくぞくして、

照れるけれどとってもいい気持ちでした。

これは実生活で即、使えますね。

でも、え~~、もう終わり?って感じで、

一日では物足りませんでした。

また、チャンスがあれば受けてみたいです。

そして講師の中野先生はとっても素敵な方でした。

なんだか、きらきら輝いていて

余裕のある大人の女性にみえました。

先生と出逢えただけでも

価値のあった一日だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

脳は空白をきらうから

GW真っ只中、

松山市内も道後界隈も

大いに賑わっています。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

新年度が始まって1ヶ月が経ちました。

新しい友人や新しい職場、

新しい人間関係を楽しんでいらっしゃいます?

「4月から心機一転、頑張ろう!」

と張り切って勢い込んで一ヶ月、

「なんで私は○○さんと

 良い関係が作れないんだろう?」

なんてつぶやいていませんか?

潜在意識は有能な秘書ですので

あなたの問いかけに対して

一生懸命答えを探そうとします。

○○さんが自分を認めてくれないからとか

○○さんが早めに報告してくれなくてイライラするからとか

○○さんが話をちゃんと聞いてくれないからとか

相手を責めたり、自分を責めたり。

こんな風に、

脳はあなたが作った空白・疑問を埋めるため

様々な答えを心に頭に浮かばせます。

でもこれって、

いわゆる独りよがりの妄想ですよね。^^;

○○さんは、

あなたと良い関係作れていると

思ってるかもしんないじゃないですか。(゜o゜)

実は、ほとんどの悩みは

自分が作り出した妄想に悩まされてます。

何日も、何週間も、もしかして何ヶ月も、何年も。

だったら、「なんで?」ってつぶやかないこと。

空白作るから妄想でも埋めようとしちゃうんです。

例えばあなたと話しているとき

○○さんが眉間にしわを寄せたとしましょう。

つい、

「あ、私が何か気に障ること言ってしまったかしら?」

「やっぱり、私は好かれていないのかしら?」

と、?(ハテナ)、空白をつくりがち。

それをやめるてみるのです。

ただ事実だけを見て

「○○さんの眉間にしわが寄ったなぁ」

で終わらせたら良いじゃないですか。^^

だって、

ちょっと背中がかゆかったのを我慢したからかもしんないし、

全然違うこと(家庭の問題)など考えてたかもしんないし、

ね!

脳に余計な空白作んない、つぶやかない。

秘書に余計なお仕事させないこと。

もう一つは

素直に聞いてみればいいじゃないですか。

スッキリしますよ。

「今、眉間にしわが寄ったのが見えましたが

 何か問題がありますか?」って。

でもこれって、言い方によっては

ひどく攻撃的にもなれますよね。

そうならない方法はちゃんと学びましょう♪

どんな人間関係にも必ず役立つスキル

相手も自分も幸せになるコミュニケーション

アサーティブトレーニング☆

残り数席ですよ~(^_^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

アサーティブトレーニングのこと5

全然関係ありませんが、

デスクワーク デスクワーク ←で時折流れてくる

ウクレレ・ジブリ ウクレレ・ジブリ

アーティスト:オムニバス
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/12/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

良いですね~♪

癒されます~♪

ウクレレのメロディ~にのせて書いています。

ご機嫌です。^^

さ、アサーティブトレーニングの最後は

素直に頼むロールプレイ>です。

まず、

自分は何を伝えたいのかを整理します。

事実と感情を分けることから整理していきます。

次に、

どう伝えるのか学びます。

「的を絞る」ことなど重要なポイントを

レクチャーしてもらったあと

実際のロールプレイに取り組みます。

自分の身近な場面、素直に頼みたい状況を選んで

他の参加者に相手役と観察者になってもらいます。

相手役には、実際の相手が

どんな態度、言い方をいつもしているのか

それを伝えて演じてもらいます。

終わったらフィードバックです。

良かったところと、

「ここんとこ、こうしたらもっと良くなるよ」

というところ。

レクチャーされた伝え方が出来たかどうか、

的が絞れていたか?とか、

ボディランゲージが適切だったか?とか

相手を理解しようとしていたか?

などという点について簡潔にフィードバックです。

批判したり分析しない

また会場以外でその話をしないというのが

アサーティブトレーニングのルールです。

そしてもう一度、ロールプレイです。

だんだん上手になってきますし、

自分では気付かなかった癖を

教えてもらえたりします。

他の参加者からの励ましを受けながら

練習していくうちに

隠れていた別の気持ちに気付くこともあります。

これまで気付かなかった相手の気持ちに

ハッと気付かされたりします。

ロールプレイってすごいです。

何冊の本を読むより一回のロールプレイです。

実際に誰かを相手にして身体を動かして学ぶと

とても大きな収穫があります。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年4月12日 (木)

アサーティブトレーニングのこと4

続いて3つの

<コミュニケーションパターン>について。

Assertive_2 

家庭、職場、コミュニティなど、

それぞれのシチュエーションで

どんな態度を自分がとっているのか、

それを振り返ります。

そして<権利と責任>について。

アサーティブトレーニングでは

私達に12の権利があると教えてくれます。

この権利を知って

どれだけホッとする人たちがいることでしょう。

私は初めて参加した時

「私には、間違う権利がある」という

ひとつの権利を読んで衝撃を受けました。

これまで私がどんなに

間違ってはいけない

失敗してはいけない

という想いに強くとらわれていたことか

あらためて気付きました。

絶対に間違ったことを言ってはいけないと思うと

言えなくっちゃいますよね。

肩に力が入ってしまいますよね。

頭が回らなくなってしまいますよね。

ところが、

なあんだ、間違う権利もあるんだ~♪

と思うと、とても気が楽になりました。

12の権利のうち、

参加される方はどの権利に心動かされるでしょうか。

どの権利を知ることによって

リラックスした毎日を過ごせるようになるでしょうか。

今も

12の権利それぞれを読み返してみると

私という存在をそのまんま認めていいんだって、

なんだか力が湧いてきます。

うん、大丈夫

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

アサーティブトレーニングのこと3

昨日のブログについて

メールでもコメントが届きました。

ありがとうございます。

今のご時世 大人が 

ちゃんとしたコミュニケーションを学び

そして子供達に伝えていかなくちゃ!

親である本人が

コミュニケーションの取り方が分からず

親を手本とした子供達の心が病んでいるのに。

私も 子供達に学んで欲しいと考え

将来は、機会をつくり学校で教えたいな~

なんて すでに考えていましたよ。

田舎も都会も関係なく。

分からないことは専門の人に

習うが勝ちですよね。

恥ずかしいことじゃないですよね!

一般の方もそう

悩んで人生 楽しめない人は多いはず、

少し勇気を出して

今後の人生のステップアップ

チャレンジしてほしいですね(^^)!

なんて素敵☆な考えなんでしょう。

素直率直に言い合える家族、友達関係が

どんどん広がっていくのを想像すると

ワク☆ワク☆します。

悩んでいる暇があったら、

教えてもらえば良いのです。

お料理を習うのと一緒です。

レシピと手順を教えてもらうのです。

…ということで、トレーニングの紹介です。(^_^)/

NPO法人アサーティブジャパン

アサーティブトレーニングではまず最初に

アサーティブネスの考え方

って何かを教わります。

もともとアサーティブネスの考え方は

アメリカの女性解放運動から始まっているので、

人によっては

声高に自己主張することだとか

相手をこちらの思い通りに動かす話術だとか

誤解されている方がいらっしゃいますが、

本当は全然違います。

自分の気持ちや意見を、

相手の権利を侵害することなく、

率直に、誠実に、対等に表現することです。

率直に表現する>とは、

どなったり、弁解したり、遠回しに言わないことです。

誠実に表現する>とは、

自分が何を感じているのかを

自分にごまかさないことです。

イヤなことはイヤだと

自分の気持ちを認めて良いのです。

ただ、

それを言葉に出すべき場面かどうかは

自分で決めれば良いのです。

対等に表現する>とは、

自分を卑下したり、

相手を見下したりしないということです。

そして、

<自分の行動に責任を持つ>

ということも学びます。

言うか言わないかは、

その時々の状況に合わせて

自分で選べば良いのです。

いつもいつもどんな状況でも

アサーティブネスでいなさいと

強制するものではありません。

時には感情のままに爆発することもあるでしょう。

それもありです。

いずれにしろ、

自分が選んだ行動の結果は

自分で引き受けるという姿勢です。

私達はたいてい、

言いたいけれど言えないという状況

或いは

伝えたいことをちゃんと伝えられない状況に

居心地わるさを感じています。

けれど、

上手な伝え方を知っていて

言いたくなったら率直に、誠実に、対等に言えるし

今は言わないでおくことも出来る

そんなふうに選択肢が広がると

心が随分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年4月10日 (火)

アサーティブトレーニングのこと2

Dscn9918

久万高原町

宝連寺の

しだれ桜です。Dscn9922

大きくて暖かく

優しいおじいさんのようです。

「おいで、おいで」

「ゆっくりしていきなさい」

って両手を広げてくれているような

そんな雰囲気の桜でした。

さて、

ヒプノセラピストの私が

なぜアサーティブトレーニングを薦めるのか、

その理由から記そうと思います。

私は年齢退行療法を受けて

“大人の男性に言いたいことを言えない”

というトラウマを解消しました。

年齢退行療法を受けるまで

冗談を言ったり、相手のおしゃべりに付き合うことは

全然OK楽しくすごせていたのですが、

「NO」とハッキリ言ったり、

「そうじゃなくて、私はこうして欲しいの」

「私はあなたと違ってこう思います」と言うことが

出来なかったのです。

言いたいこと、伝えたい気持ちは喉まできているのに、

言葉が出ないんです。

出るのは涙だけ…。

相手は困り、イライラし、益々話しが出来ない状況になります。

結局、私の中の言いたいことは形を変えて表現されます。

拗ねたり、遠まわしに気付いてもらおうとしたり、

そんな繰り返し…。

職場では

レポート形式だったらいくらでも提案出来るけれど、

会議では発言出来ない…。

レジの打ち間違いさえも言い出せなくて我慢して

そんな自分に一日落ち込んでしまったりしていました。

それが、年齢退行療法を受け

原因となった場面のイメージの中で

言いたいことを言ってみたら…

現実世界でも言えるようになりました。(^。^)

しかし、

激しく気持ちをぶつけてみたり、

突然言ってびっくりさせたりします。

なんでこんな言い方しちゃうのかな?

って考えた時、

そうか、これまでず~っと言ってなかったから、

丁度良い加減の言い方を知らないんだ。

経験が無いからわからないんだ。

そう気付きました。

水キョーフ症で泳げなかった人の

キョーフを取り除いたからって

すぐにスイスイ美しく泳げないのと同じことです。

言葉が口から出るようになって

これまでのようなストレスは無いけれど

しかしこれでは

周囲の人たちと良い関係は作れない

そう思いました。

そこで、伝え方を勉強しようと探したのです。

そして見つけたのがアサーティブトレーニングです。

まず本を数冊読みました。

ふむふむなるほど、ナットクです。

一人で本の通り想定して実践してみようとしたら

うーん、相手の反応が想定と違う~。

本の理論どおりに上手くいかない。(>_<)

水泳も教則本を読んだからって

すぐに上手に泳げないですよね。

実際水に入って練習してみることが大事

さらに、良いトレーナーがついてくれたら

変な癖がつくことなく

どんどん上手に泳げるようになります。

だから

どこかに良いトレーナー居ないかな?って

探し出したのが

NPO法人アサーティブジャパンです。

私達はたいてい

両親など身近な人をトレーナーにして育っています。

そのことをほとんど誰も何とも思っていませんが、

コミュニケーションという

人が生きていく上でとても大事なことは

一度、ちゃんとトレーニングした方が良いです。

私は小学校から科目に取り入れて欲しいと思うくらいです。

これ、本気ですよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月 9日 (月)

アサーティブトレーニングのこと

5月13日(日)開催の

相手も自分も幸せになるコミュニケーション

 アサーティブトレーニング』へ、

お問い合わせやお申込み、

ありがとうございます。

今、20名強のお申込みをいただいています。

数字がはっきりしていないのは、

ご参加したいとおしゃってくださりながら

ちゃんとしたお申込みメールをいただいてない方が

数名いらっしゃるからです。

出来れば早く正式なお申込みしてくださいね~(+_+)

さて、お申込みいただいている方々は

四国でのアサーティブトレーニング開催を

心待ちにされていた方、

コミュニケーションに関係した分野を

勉強されている方、

言いたいことをどこからどうしゃべったら良いのか

わからない方、

なんだか実生活で役立ちそうってワク☆ワク☆されている方、

など様々です。

そして、お申込みメールの中に、

「迷ったけれど受講を決めました!」

と書かれている方が多いですので、

迷うというのは明らかに私の説明不足と反省し

私の経験を織り交ぜながら

できるだけわかるように説明したいと思います。

松山でのトレーニングを企画するときには

「やっと松山でも開催される!待ってたよ~!」

って喜んでくださる人が

たくさんいらっしゃるだろうな~♪

喜ぶ顔を想像し張り切って段取りをしました。

ところが、広報してみて私の想定外は

松山、四国の人が

アサーティブトレーニングを

ほとんどご存じないということでした。

正直びっくりでした。(*_*)

地元のフリーペーパーの中には

「心霊関係は掲載出来かねます」

などと言われちゃう始末。

とほほ…(T_T)

もう、力抜けて笑っちゃいました^^;

アサーティブネスを知っている人たちは、

格安で、しかも交通費の心配なく

アサーティブジャパンの講師から

トレーニング出来るなんてラッキー☆

手放しで喜ばれています。

本当にラッキー☆なんですよ。

迷ってる方、迷ってないでレッツトライです。^^

上手に気持ちを伝える方法を学んで

何か困ることがあるでしょうか?

素直に相手に頼む練習(ロールプレイ)をして

何か損することがあるでしょうか?

お互い上手にコミュニケーション出来なくて

参加している者同士です。

みんな同じ想いで参加されているんです。

最初から上手く出来なくて良いのです。

ただ安心して練習すれば良いのです。

まず一歩!

一歩、一歩、行きましょうよ。

てな訳で今日は長くなっちゃったので

また明日に続きま~す(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

自分のアンテナ☆

先日、お客さまから

アサーティブトレーニングのお申込みと同時に

こんな素敵☆なメッセージをいただきました。

ありがとうございます♪

3月13日のブログを読んで

行ってみたい!」とすぐ思ったのに

時間が経つと

「どうしよう~~」に変わっていたのですが、

3月15日の記事を読んで背中を押されました

始めに感じた気持ちを尊重してやろうと思います。

お客さまのワク☆ワク☆した感じが伝わってきて

私もすっごく嬉しくなって

こんなお返事を出しました。

私も、なんとなく心惹かれる講座や本があるとき、

やっぱりしばらくすると

「でもな~、別にそこまでして受けにいかなくてもな~」

とためらう気持ちが出てきちゃいます。

けれど、

それはずっとずっと心にひっかかっていて、

結局受講することになったりするのです。

そして、

「どうせならもっと早く受講すれば良かった

と思うことになります。

だから最近は、

重い腰を押し上げて、

なるべくそのときそのときに

心が求めることに応えるようにしています。

するとお客さまから、

またまたこんなワク☆ワク☆メッセージが

私も美知さんとおなじように

よくよく調べて納得してから、

もう少し考えてから、

なんて言っているうちに

できない理由が山のようにでてくるんです。

それで動かないで終わって

後悔したことは数えられないくらい!

今回も〝でも・・〟って出てきたとき、

もし行かなかったらどうだろうと考えたのです。

すると

5月13日・・本当なら私は松山へ行っていて、

刺激的な時間

刺激的なものだともう決めつけている())を

過ごしているはずなのに・・

と考えてもしかたのないことに時間を費やし、

つまらない時を過ごしている自分が想像されました。

これはもうこりごりです(

自分のアンテナに引っかかったものは、

できるだけ自分で体験してみたいです。

ありがとうございます♪

自分のアンテナ素敵☆な表現ですね~。

自分のアンテナ大事にしましょう

機械はもちろん、人間の身体も心も

使わないとどんどん錆付いちゃいます。

使えばどんどん鋭くなってきます。

ますます動きにキレが出てきます。

自分のアンテナだってそう…。

もしかして、

他人のアンテナ(家族、友人、テレビ、雑誌など)

ばっかり使っていませんか?

あなたの潜在意識という秘書は

信頼すればするほど

頑張ってもっと良い情報を集めてくれるんだから!

私はアサーティブトレーニングを受けに

岡山、大阪まで行っています。

NLPは東京へ行っています。

松山は海と山に囲まれ穏やかな気候で

とても暮らしやすく

心暖かい人たちの住む良い街です。

大好きです。

けれど

一流(っていう表現はあってるのかな?)の講座、

素晴らしい☆講師のセミナーを

松山で受けられることは少ないですよね。

いつも、

どうして松山では開催されないんだろう?

って悔しい思いをしながら通っています。

だからいつの日にか松山に

たくさんの素晴らしい☆講師を招き

安心して様々なことを学べる場所を

作りたいと思っています。

今回、

私が勇気を出してお呼びしたとは言え、

(初めてのことで、やっぱ勇気が要ったのですよ~^^;)

講師が松山まで来てくださるなんて

夢みたいな話です。

せっかくの機会を楽しみましょう。

目からうろこの

すっごく刺激的な時間になること保障します!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

映画「不都合な真実」観ました

四国環境パートナーシップ・オフィス

(四国EPO)さんのオープニングイベントとして

先程、松山市内で

「不都合な真実」の上映があり、

観てきました。

公式サイト↓(注意!音が激しく出ますよ~♪)

http://www.futsugou.jp/

ずっと観たかった映画なので

とても嬉しいです

本当は皆さんにもお知らせしたかったのですが

上映を知ったのは申込期限ギリギリの昨夕。

観たかった方、ごめんなさいね。

でも、3月24日(土)13:00から

サンポート高松かがわ国際会議場でも

同じイベントがあるそうですので、

是非是非観てくださいませ。

事前申込みは平日10時~17時に

「まだ間に合う!地球温暖化防止」運営事務局

電話06-6885-7227です。

さて、

ゴアさんが地球温暖化防止に取り組みはじめる

転機となったのは、

息子さんを交通事故で危うく失いそうになったときです。

「自分は生きている間に何をしよう?」

そんなことを思われたそうです。

そして、

一命をとりとめた息子さんに

この美しい地球を残してあげたいと

地球の隅々まで実態を見に行き、

研究調査し、粘り強く活動をされています。

息子さんの事故は

ゴアさんがこの人生での使命に気付かなければ

自動的に入るようになっていた

スイッチの役目のような気がします。

息子さんはゴアさんに

生まれてくる前に決めた使命を

思い出させてくれるために生まれてきたのかな?

なんて…。

また、

息子さんが生きていくこの地球を

むちゃくちゃにして死んだら後悔するにちがいない…

その想いが1,000回を越えるスライド講演を

支えています。

世界中の人々に

何度も何度も同じことを

伝えても伝えても響かない…

言っても言っても動かない…

それでも伝え続けるその姿勢は

死ぬ時に後悔したくないから。

前世療法では

前世の人生の死ぬ場面で

その人生を振り返ってもらいます。

頑張ったこと、後悔したこと、学んだことなど。

すると、

ほとんどの方はこうおっしゃいます。

「あのとき、○○すれば良かった…」

多いのは

「あのとき、思い切って一歩踏み出せば良かった…」

「あのとき、勇気を出せば良かった…」

「もっと愛せば良かった…」

「もっと相手を理解しようとすれば良かった…」

「もっと気持ちを伝えれば良かった…」

という言葉です。

大きく分けると“チャレンジ”と“コミュニケーション”。

私もそうです。

前世で自分がしたことに対する後悔はありません。

自分がしなかったことに対する後悔ばかりでした。

だから、

松山で受け入れられるかどうかわからなくても

ヒプノセラピストとして開業しました。

チャレンジしないと

死ぬ時後悔するとわかっているから…。

松山では知名度がほとんど無いと知っていても

アサーティブトレーニング講座を企画しました。

一人でも多くの人に

幸せなコミュニケーションの方法をお伝えしないと

死ぬ時後悔するとわかっているから…。

もしあなたが今

何かに躊躇しているとしたら

行動すべし!です。

行動しなければ後悔が待っているけれど

行動したあとに待っているのは

学び充実感です☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)