文化・芸術

2009年12月 4日 (金)

たまねぎフェリー、良かったっすよぉ~♪

How happy about you?

劇団P.Sみそ汁定食さんの

Tamanagi 『たまねぎフェリー』

観てまいりました!!

良かったですよぉ~♪

何が良かったって?!

うーん、言いたいけど、言えない!!

どんな気持ちになったかも…言えないbearing

でも言いたいけど~happy01

ね~。

言っちゃうとお楽しみが減っちゃうんだもん♪

まぁ、観てみて。

あなたは何を感じるんでしょうか~?

観終わった後に想いうかべるのは…

誰?どこ?何?

うふふ~wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

リヤドロにうっとり♪

How happy about you?

ちょっと古い話題になりますが、

いよてつ高島屋さんで開催されていた

リヤドロ展を見に行って、

すっかりファンになってしまった私。

素敵ですねぇ。

久しぶりに物欲が湧いてきました。

写真を転載出来ないのが残念。

もしもまだリヤドロをご存知なく、

お近くのデパートでリヤドロ展が開催されるか、

銀座へ行かれる事があったら

直接実物を見てみて欲しいのですが、

とても美しい造形です。

5年をかけて製作されたという、

エジプトの王妃様を乗せた船の超大作も飾ってあり

その緻密さと美しさと表現力に惚れ惚れしました。

が、私が欲しいなぁって思うのは

女性性を表現していると思われるものです。

水の妖精や、人魚が好きですね。

そして、

背中に蝶のような羽が生えて

膝を抱えている女性の像は、

なんだか今にも内側の可能性が花開き

新しい世界へと飛び立つ前の女性のようで、

当オフィスに来てくださるクライアントさんの姿と重なって見えて

とても心惹かれます。

リヤドロの描く女性の周りには風を感じます。

透き通った爽やかな風が女性を包んでいるよう。

その風に心地良く身を任せて

ただ存在する幸せを享受しているような、

そんな穏やか喜びを感じます。

私にまたひとつ、・目標が出来ました。

スペインへ行って、本場パエリアを堪能して、

フラメンコを楽しんで、アントニオガウディの建築を見て、

リヤドロ本店でお気に入りの一品を購入する!

そして、

リヤドロが似合うオフィスにする!

うん!想像しただけですごくワク☆ワク☆します!!

 

☆あなたの夢は何?☆前世療法☆インナーチャイルド☆ハイアーセルフ☆NLP(神経言語プログラミング)☆office de*Sign☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

智内兄助さん♪

How happy about you?

愛媛出身の日本画家

智内兄助展、鑑賞してきました。

素晴らしい~☆

智内ワールド満喫!

たっぷり幻想的な時間を過ごすことができました。

ちょうど智内さんのギャラリートークに合わせて行ったら

入り口から人が溢れるほどにぎわっていて

しばらく待ってから入りました。

で、トークの後半を聴くことができました。

ラッキー☆

やはり、作者の作品に込める想いや

背景を聴かせてもらいながら眺めるのは

すっごく良いですね。

智内さんはとてもきさくな人でしたよ。

江戸時代がすごく好き

叶うなら江戸時代に生まれて

絵師になりたいだとか…

同じだけ情熱も時間も込めて書いた作品なのに

鉛筆画とアクリル画でお値段が違ったり

単に絵の大きさでお値段が違うのは

作者としては「うーん…」という気持ちだとか…

絵のモチーフのヒントや表現したいことだとか…

美大時代に着物のデザインに関する

アルバイトをさせてもらったのが、

今こんなに役に立つとはまさか思わなかったし、

こんなに着物や布を好きになるとは思わなかった、

人生に無駄はないんだね…

なんて、そんなお話を

時間オーバーしても、たくさんしてくださいました。

智内さんはブータンとチベット密教がお好きなんですって。

ブータン、寺院にある美術・芸術のデザインからも

多大な影響を受けているとおっしゃっていました。

私の尊敬するNLP師匠もチベット密教がお好き

なんだか俄然

「チベット密教って何?何?魅力は何ナノ?」

と、興味が湧いてきた私でした。ふふふ。

智内兄助展は

媛県美術館で6月10日までですよ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年4月24日 (火)

一日まるごとお話し会&智内兄助展

復活しましたよ~♪ネット回線が!

めちゃめちゃ嬉しいです。

NTTさん、快く2回も来ていただいて

助かりました。

本当にありがたいです。

ここ数日の間に、

いろんなことがありました。

おしゃべりしたいことがたーんとあるのですが、

まずは、☆お知らせ☆

一日まるごとお話し会が

愛媛県立図書館で開催されます!!

4月28日(土)11:00~16:00

県内で活躍されているボランティアの方々が

入れ替わり立ち替わり

絵本読み聞かせ、エプロンシアター、紙芝居、指遊びetc.

子供達と一緒に楽しい時間を作ります。

メンバーがすごいんです!

個性豊かなめっちゃ楽しいメンバーです。

私が子供だったら、一日過ごしたい~♪

お祭りですよ、お祭り

お子様がいらっしゃる方もいらっしゃらなくても

是非、子供に還って楽しんで遊んでってくれるといいな~。

喜びますよ、インナーチャイルドも!

ちょこっと私も参加します。

私は大好きな絵本、

かぼちゃひこうせんぷっくらこ

ご紹介したいなって思っています。

そうそう、

ちょうど28日からお隣の愛媛県美術館

智内兄助展が始まります。

素敵☆ですよね~、智内さんの絵。

美しく神秘的☆

なんと、4月28日と5月26日の14:00~15:00

智内兄助さんのギャラリートークもあります。

ぼくがうまれた音4月30日には

トランペッター近藤等則さんとの

合作絵本出版記念トーク&ライブもあり。

5月3日には

ご長男さんで左手だけで演奏するピアニスト、

智内威雄さんのピアノコンサートもあり。

ゴールデンウィークは松山を楽しもう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ブライアン・ウィリアムズ展

見た、見た、見てきちゃった~

ミウラアートビレッジで。

この美術館に入ったのも初めてだし、

ブライアン・ウィリアムズさん心の原風景―ブライアンの目 の絵を

間近で見たのも初めてでした。^^

受付けの横に、三浦工業㈱のCMをされてる

島田紳助さんの等身大人形があって

めっちゃそっくりでっちゃいました♪

さて、本題の絵は…

良かったですよん、ホントすっごく良かった~。感動☆

まず、美しい!きれい!上手!

絵を評価したいときには

皆さんどんな言葉と表現を使われるのでしょう?

私には「上手だなぁ~」と言う言葉しか思いつきません。

お月さまが上手きれい

わらぶき屋根の家の窓からこぼれる明かりも上手

その明かりの向こうに

何気ない日常を過ごす家族を自然と想像してしまいます。

なんだかね、日本の村、里の風景の描き方がね、

まろやかな気がします。

氷がだんだん解けていくと角がとれて

まろやかに光が反射しているじゃないですか

私には、絵がそんな感じに見えました。

そしてね、雪がきれい!美しい!

雪を描くのが上手!

真っ白な純白の雪も、夕日が当たった雪も、

とってもとっても美しいと思いました。

コントラストになってる背景の深く青い空もとても美しい…。

ウィリアムズさんは地球が好きなんだなぁ…

地球が好き好き大好きでたまらないんだなぁ…

そんな風に感じましたよ。

9/3(日)まで開催しているので、

お近くの方は是非、生で見てほしいです。

伊予鉄高島屋さんでも、

8/23~29まで展示会があって、

ご本人が来られる日もあるそうですよ。

また、絶対見に行こうっと♪

| | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

岡本太郎氏壁画-復活!!

「芸術は爆発だ!!」

でおなじみの岡本太郎氏の巨大壁画

「明日の神話」が復活しました。

メキシコで約35年間も行方不明になっていた

幻の壁画です。

修復には、なんでも特殊な技術が必要だそうで、

なんと☆愛媛県東温市内の工場が選ばれ、

1年かけて修復作業を続けてきました。

そんな素晴らしい技術を持っている会社が

愛媛にあると知ってとても嬉しいです。

そして、

ほったらかされてボロボロ傷だらけになっていた

岡本氏の壁画がたくさんの人の手によって

大切にキレイに本来の姿にもどされたんだなぁ

と想像すると

「太郎さん、良かったね~」

という気持ちでいっぱいです。

公式HPによると、

7~8月には日テレで一般公開されるとか。

みんな

岡本氏のこと大好きですよね♪

岡本氏が何を言ってるのか

正直私にはよくわからないことも多いですが、

今回の、壁画修復に情熱を寄せる人達の多さに、

岡本氏はみんなに愛されているんだなぁ~と感じます。

原爆の炸裂する状況を描いたそうですが

皆さんはご覧になられてどう思われますか?

35年も経って、

今再び復活したのが偶然でなかったとしたら、

岡本氏が、今の私たちに

何か伝えたい事があって発見させたのだとしたら、

岡本氏は何を伝え、

何を感じて欲しかったのでしょうか…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

智内兄助

チナイキョウスケって読むのですね。

皆さんご存知でした?画家ですよ。

宮尾登美子の小説「蔵」の挿絵を書かれたとか…。

そう言われれば、そんな気もします。

愛媛県の波方町ご出身ということで、

先日県立美術館へ行った折に

5点ほど常設展示されてたのを拝見しました。

いやぁ~、ちょっと少女の目が怖かったけれど、

だけどなんだか神秘的。

そしてピュアな印象も受けました。

とても印象的で心に残る作品ですね。

ゲームソフト「九怨」の挿絵、

映画「死国」のパッケージもそうなんですね。

九怨‐kuon‐公式コンプリートガイド 死国

ひゃー、怖い、怖い"(>_<"")"

全部が全部、こんな怖い絵ばかりじゃないですよ。

松山に来られたら、是非とも

県立美術館で生の智内兄助作品を見てほしいです。

お薦めよん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

細川護煕展~やきものと書~

行ってきました。

実はあまり興味が無かったのですけれど、

母がランチをご馳走してくれるというので、

しかも食べ放題…という言葉に魅かれて

ついてっちゃいました。

意外とね~、良かったのですよ。

「どうせ元首相という名前だけでしょう?」

「お気楽な趣味に毛が生えただけでしょうに。」

と、全然期待しないで行ったら全然良かったです。

私は細川さんの書がとても良いと思いました。

うん、力んでない感じ?かっこつけてない感じ?

上手く表現できませんが素直な感じを受けました。

陶芸は茶器が多くて、正直細かいところわかりません。

だけど素敵な作品ばかりでしたよ。

作品の写真集も出ているのですね~。

びっくりしました。

20日(月)までご本人がいらっしゃるそうですので、

ファンの方は松山三越へ行って見られたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)