住まい・インテリア

2005年12月 7日 (水)

お風呂にキャンドル

我が家にもキャンドルとキャンドルスタンドがあります。

アメリカでキャンドルに魅了され、雑貨屋さんで買い求めたものです。

台座から3本の枝が出て、その先のお花の中にキャンドルを飾るのです。

とっても可愛くて素敵なんですよ。

私はこれを無理やりお風呂に持ってって、湯船に浸かりながら眺めたりします。

お風呂では他に刺激になるものが無いから、純粋に炎に集中できるんですよね。

炎をじっと眺めながら瞑想もどきをすることもあります。

じっと眺めてて、目をつむりたくなったらつむります。

深呼吸を何回かして、目をつむったまま眉間の辺りに意識を集中します。

いろんな考えが浮かんできますが、「考えが浮かんできてるなー。」とやり過ごします。

すると、たまーにですが悩んでたことのヒントが浮かんだり、

懐かしい情景がチラッと見えたりします。

雑念しか現れずがっくりする日が多いですが、

たまーに味わえる「瞑想できた!」っていう満足感が嬉しいですね。

境地に達した人から見れば、「瞑想はそんなもんじゃない!!」

とお叱りを受けそうですが、本人が満足ならどんな形でもOKでしょう。

ま、境地に達した人はそんな細かいことで腹立てないか。

瞑想が苦手な人も、瞑想するフリを続けていたら、

何回かに1回は瞑想もどき、できますよ。

何事もフリから始まるんですから、フリでいいんです。

ワイス博士だって、瞑想できるようになるまで1ヶ月かかったって仰ってたから、

あきらめないでいきましょう。

お風呂では、本もよく読みますね。

集中できますよ。

部屋ではどうしても、他に目に入るものが気になってしまうけれども、

その点お風呂は刺激が無くてあきらめて集中できます。

半身浴などしつつ読んでると、冷え性の私もポカポカで眠れます。(*'-'*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

クリスマスにキャンドル

NYへ行った時、夕方になるとキャンドルに火をともすレストランが多いのに驚きました。

どのお店も、とてもきれいでロマンチックです。

日本でも、テーブルに小さなキャンドルを置くお店が増えたように思いますが、

NYのほうがロマンチックに飾られていると感じたのは、

やはり異国情緒もあってでしょうか?

アメリカでは、個人の家でもキャンドルを飾る習慣があるそうです。

いろんな大きさと香りのキャンドルがスーパーに売ってあります。

火をつけるだけでなく、お部屋に漂う香りも楽しむために飾るそうです。

そういえば、アメリカ映画に出てくるシーンにもキャンドルが置いてあったりしますよね。

NYにいるお友達のおうちにも、たくさんのキャンドルが置いてありました。

窓の向こうにあるマンハッタンの夜景とキャンドルとを眺めながら、

シャンパンを飲むなんていう素敵な経験もさせてもらいました。

誰もがマンハッタンは無理ですけど、キャンドルとシャンパンならできますよね。

今年のクリスマスには、キャンドルを用意してはいかがですか?(^ー^)

| | コメント (6)